Top >  レポートとは >  レポートとは一体どういうものなのでしょうか?

レポートとは一体どういうものなのでしょうか?

レポートとは簡単にいえばなにかの実態の調査や研究などを経て、
その実態をそのまま伝える、客観的な報告や感想などの文書の事をいいます。



レポートが使用されるのは学校の授業で出される課題・実験等に対してや報告書
企画書、説明書などもそうですが、パンフレットやビジネスレターなども
レポートといっても問題ないと思います。

レポートの最低の条件としては、課題として求められている内容が
最低限含まれている事や、レポートごとに異なる提出期限、文字数、
提出する際の言語などの形式などを守る事などがあげられます。

レポートの書き方として、文章を作成して提出するという意味では論文などと
一緒ですが、独自の着眼点や分析など論文として求められるものは
むしろ必要ないといえ、要するに脚色せず、事実をそのまま書く事が
良いレポートの書き方ともいえるでしょう。

またレポートを作成する際はさまざまな資料や文献などを元に
作成する事になりますが、色んな方向からみてはじめて良いレポートの書き方と
いえます、どこかに偏った資料選びは控えましょう。

また実験などを経てレポートを提出する場合はレポートを提出するという結果より
その過程をまとめていきながら考えを整理していくという作業にこそ
意味があるともいえます。

また呼び名に関しても、レポートではなくより原語に近いリポートという
呼び方に改める動きがあり、雑誌協会に加盟している雑誌社ではリポートという
呼び方で統一しています。


スポンサードリンク

その他課題,研究,文章,事実,リポートの情報

レポートの種類にはどういうものがあるの?
レポートの種類と一口にいってもただ単純に感想を述べるだけのものもあれば、
数十枚などに渡ってまとめる必要のあるレポートもあり、多種にわたります。

ここではそのたくさんの種類のレポート、特に主に大学などで使われる
レポートの種類、またその書き方について調べてみました。

レポート作成時の注意点。より良いレポートを作成するには?
レポートの書き方として注意点をあげていくと、課題となるレポートによって
文字数、書き方など細かく違ってきます。

ここではレポートの書き方として基本的な事柄、精神的な部分での注意点を
中心にあげていきたいと思います。

レポートの書き方、良いレポートを書くにはどうしたらいいの?
レポートの書き方が分からない!という人は多いと思います。
慣れてしまえば意外とすいすいと作れるものですが、慣れるまではやはり
どうしても作るのに時間がかかってしまうものです。

ここではレポートの書き方を分かりやすく、かいつまんで説明します。

レポートの表紙はどういう風に作れば良いの?
レポートの表紙は特に指定されない事もありますが、
表紙はレポートを提出する際に一番に目につく、いわばレポートの顔ともいえる
部分です。

ここではレポートの表紙の書き方について説明します。

レポートについてのマナーについて、どういうのがマナー違反?
レポートの書き方にも色々ありますが、守るべきマナーはあります。

ここではレポートを作成するにあたってのマナーについて調べました。

レポートについてのコラムについて。豆知識を調べました
レポートの書き方に役立つのはどういったものがあるのか、考えてみました。


レポートとは

レポートとは一体なんなのか?レポートの書き方とともにレポートというものを知ろう。

関連エントリー

レポートとは一体どういうものなのでしょうか?