Top >  レポートの種類 >  レポートの種類にはどういうものがあるの?

レポートの種類にはどういうものがあるの?

レポートの種類と一口にいってもただ単純に感想を述べるだけのものもあれば、
数十枚などに渡ってまとめる必要のあるレポートもあり、多種にわたります。

ここではそのたくさんの種類のレポート、特に主に大学などで使われる
レポートの種類、またその書き方について調べてみました。



レポートの書き方は大学の学科によっても違いますが、
理系ならば問題演習と呼ばれるレポートは良く作成する事が多いでしょう。

これは物理や数学などの問題を解きながらその過程・結果を
レポートとして作成し、提出するものです。

またコンピューターやプログラム関連の授業などではそれに対しての
プログラムなどを書いて提出する事もあります。

また理系の実験に対して、その過程・結果などをレポートとして
提出する事も多く、実験の過程はレポートをみればわかるようにしておけば、
後々レポートの重要度も高くなるでしょう。

また文系のレポートとしては、主に調べ学習というレポートが多く用いられます。

これは簡単にいうと先生から授業に関連する何々について調べるように、
という課題が与えられます。

これはその授業に関連している事などからも、今までの授業を
簡単にまとめただけでも間に合うものから、
それに関して資料を集めて詳しく調べる必要があるものまでさまざまです。

また文字だけで形成するだけではなく画像や表、写真などを用いて作成する
レポートの書き方もありますので求められたものに対して、
わかりやすくレポートをまとめるように考えるのが肝要といえるでしょう。

スポンサードリンク

その他文系,理系,種類,問題演習,調べ学習の情報

レポートとは一体どういうものなのでしょうか?
レポートとは簡単にいえばなにかの実態の調査や研究などを経て、
その実態をそのまま伝える、客観的な報告や感想などの文書の事をいいます。

レポート作成時の注意点。より良いレポートを作成するには?
レポートの書き方として注意点をあげていくと、課題となるレポートによって
文字数、書き方など細かく違ってきます。

ここではレポートの書き方として基本的な事柄、精神的な部分での注意点を
中心にあげていきたいと思います。

レポートの書き方、良いレポートを書くにはどうしたらいいの?
レポートの書き方が分からない!という人は多いと思います。
慣れてしまえば意外とすいすいと作れるものですが、慣れるまではやはり
どうしても作るのに時間がかかってしまうものです。

ここではレポートの書き方を分かりやすく、かいつまんで説明します。

レポートの表紙はどういう風に作れば良いの?
レポートの表紙は特に指定されない事もありますが、
表紙はレポートを提出する際に一番に目につく、いわばレポートの顔ともいえる
部分です。

ここではレポートの表紙の書き方について説明します。

レポートについてのマナーについて、どういうのがマナー違反?
レポートの書き方にも色々ありますが、守るべきマナーはあります。

ここではレポートを作成するにあたってのマナーについて調べました。

レポートについてのコラムについて。豆知識を調べました
レポートの書き方に役立つのはどういったものがあるのか、考えてみました。


レポートの種類

レポートの種類にはどういうものがあるのか、種類とその求められる状況を踏まえて説明。

関連エントリー

レポートの種類にはどういうものがあるの?