Top >  レポート作成時の注意点 >  レポート作成時の注意点。より良いレポートを作成するには?

レポート作成時の注意点。より良いレポートを作成するには?

レポートの書き方として注意点をあげていくと、課題となるレポートによって
文字数、書き方など細かく違ってきます。

ここではレポートの書き方として基本的な事柄、精神的な部分での注意点を
中心にあげていきたいと思います。



レポートの作成の課題とされているものにもよりますが、実験や調査など
もそうですが、その過程を文章としてまとめる作業には多大な時間を要します。

ただ時間を短縮しようとして過去の似たようなものを丸写しすると、
レポートの質を下げるだけでなくその作成自体にも意味がありません。

効率的にレポートの書き方を念頭に以下のような注意があげられます。


レポートは答えではなくそこにいたるまでの過程も含まれていると考えられる為
読みやすいように相手側を意識した作りにしましょう。

例えば分かりやすくする為に表や画像などを用いても、何を示すものなのか、
注釈があるとないとでは大きな違いがあります。

またその過程において何かしらの資料から引用したものであれば、その資料
の名前など引用先も同時に記載すべきでしょう。

実験でも、例えばその実験を行った際の状況は多くて困るものはありません。
どういう状態でどういう実験を行ったのか、つぶさに記載しましょう。


また形式はA4サイズが一般的とされ用紙をまとめる際は左側を閉じて左開きで
読めるようにするのが一般的です、またワープロやパソコンを使って
作成する場合はフォントサイズを10から12程度にしましょう。

またレポートを作成した日付、自分を明確に表すことのできる所属、名前は
当たり前、見やすいように冒頭に目次などをもってきましょう。


レポートは読みやすさが大事です、図やグラフなどを用いる場合は通しで番号を
打つ等、提出側の事を考えながら作成すれば良いレポートができるでしょう。

これらは一般的な例であり、レポートの提出において指定などがあった場合は
そちらを優先して作成しましょう。


スポンサードリンク

その他課題,文章,実験,表,画像の情報

レポートとは一体どういうものなのでしょうか?
レポートとは簡単にいえばなにかの実態の調査や研究などを経て、
その実態をそのまま伝える、客観的な報告や感想などの文書の事をいいます。

レポートの種類にはどういうものがあるの?
レポートの種類と一口にいってもただ単純に感想を述べるだけのものもあれば、
数十枚などに渡ってまとめる必要のあるレポートもあり、多種にわたります。

ここではそのたくさんの種類のレポート、特に主に大学などで使われる
レポートの種類、またその書き方について調べてみました。

レポートの書き方、良いレポートを書くにはどうしたらいいの?
レポートの書き方が分からない!という人は多いと思います。
慣れてしまえば意外とすいすいと作れるものですが、慣れるまではやはり
どうしても作るのに時間がかかってしまうものです。

ここではレポートの書き方を分かりやすく、かいつまんで説明します。

レポートの表紙はどういう風に作れば良いの?
レポートの表紙は特に指定されない事もありますが、
表紙はレポートを提出する際に一番に目につく、いわばレポートの顔ともいえる
部分です。

ここではレポートの表紙の書き方について説明します。

レポートについてのマナーについて、どういうのがマナー違反?
レポートの書き方にも色々ありますが、守るべきマナーはあります。

ここではレポートを作成するにあたってのマナーについて調べました。

レポートについてのコラムについて。豆知識を調べました
レポートの書き方に役立つのはどういったものがあるのか、考えてみました。


レポート作成時の注意点

レポート作成時の注意点とは一体どういうものがあるんでしょうか?

関連エントリー

レポート作成時の注意点。より良いレポートを作成するには?