Top >  レポートの書き方 >  レポートの書き方、良いレポートを書くにはどうしたらいいの?

レポートの書き方、良いレポートを書くにはどうしたらいいの?

レポートの書き方が分からない!という人は多いと思います。
慣れてしまえば意外とすいすいと作れるものですが、慣れるまではやはり
どうしても作るのに時間がかかってしまうものです。

ここではレポートの書き方を分かりやすく、かいつまんで説明します。



レポートの書き方が分からないのは最初の方は良くある事です。

慣れてくればコツが分かってくるのでそれまで辛抱強く頑張りましょう。


レポートは分かりやすく正確に書いてあることが大前提として考えましょう。


レポートの書き方は正確であれば良いというわけではありません、
まず一番の注意点としてあげられるのは教科書の丸写しです。

読めば分かる事をダラダラと書くのであればレポートにする必要はありません。
教科書の中から要約してまとめる分には良いと言えるでしょう。

また、実験の成功例ばかり書いて、失敗は書かないという人もいるようですが
事実を正確に書くという意味では失敗も必要な事実です。失敗から成功への
過程を導き出す事は往々にしてある事だからです。

過程をまとめていくうちに分かりづらくならないよう項目にわけて書いていく、
文体も結果は過去形で、考察は現在形で書く等注意して作成しましょう。


レポートの書き方として過程で大切なのは、
こうだから、こうなのではないかという考察の部分だといわれています。

感想や反省などはレポートでは求められていません、あくまで事実と
その事実を求めるときに必要となっていく考察が重要です。

また内容はテーマを本に一貫性を持たせる事や、事実においてはきちんと
裏付けをとった上で断定的なレポートの書き方をしましょう。

スポンサードリンク

その他要約,正確,教科書,実験,考察の情報

レポートとは一体どういうものなのでしょうか?
レポートとは簡単にいえばなにかの実態の調査や研究などを経て、
その実態をそのまま伝える、客観的な報告や感想などの文書の事をいいます。

レポートの種類にはどういうものがあるの?
レポートの種類と一口にいってもただ単純に感想を述べるだけのものもあれば、
数十枚などに渡ってまとめる必要のあるレポートもあり、多種にわたります。

ここではそのたくさんの種類のレポート、特に主に大学などで使われる
レポートの種類、またその書き方について調べてみました。

レポート作成時の注意点。より良いレポートを作成するには?
レポートの書き方として注意点をあげていくと、課題となるレポートによって
文字数、書き方など細かく違ってきます。

ここではレポートの書き方として基本的な事柄、精神的な部分での注意点を
中心にあげていきたいと思います。

レポートの表紙はどういう風に作れば良いの?
レポートの表紙は特に指定されない事もありますが、
表紙はレポートを提出する際に一番に目につく、いわばレポートの顔ともいえる
部分です。

ここではレポートの表紙の書き方について説明します。

レポートについてのマナーについて、どういうのがマナー違反?
レポートの書き方にも色々ありますが、守るべきマナーはあります。

ここではレポートを作成するにあたってのマナーについて調べました。

レポートについてのコラムについて。豆知識を調べました
レポートの書き方に役立つのはどういったものがあるのか、考えてみました。


レポートの書き方

レポートの書き方をかいつまんで説明、どうやったら良いレポートが書けるの?

関連エントリー

レポートの書き方、良いレポートを書くにはどうしたらいいの?