Top >  レポートの表紙って? >  レポートの表紙はどういう風に作れば良いの?

レポートの表紙はどういう風に作れば良いの?

レポートの表紙は特に指定されない事もありますが、
表紙はレポートを提出する際に一番に目につく、いわばレポートの顔ともいえる
部分です。

ここではレポートの表紙の書き方について説明します。



レポートの表紙は指定されない事もある為、つい忘れる人もいるようですが
それなりの枚数があるレポートに関しては極めて一般的な事といえます。

表紙があるない、だけでそのレポートに対しての第一印象も変わってきますので
枚数を問わずレポートを提出する時は、
表紙を同時に作成する癖をつけておいた方が良いでしょう。


表紙には自分の名前、タイトル、提出した日付、学生の方ならば
自分の学籍番号など自分を証明できるものを表記しておきましょう。

また表紙だけでなく併せて目次も作成する癖をつけましょう。

これによってレポートを読む人が最初になんとなく概要をつかむ事ができます。

レポートの書き方において大事なのはわかりやすさ、事実を述べているか、
きちんと裏づけがとれているのかなどがあげられます。

例えば一見した時にレポートの表紙があるものとないものだと、
誰がいつ何について調べたレポートなのか分かるのはどちらなのか、
考えずとも結果は明白だといえます。

そこまできちんとやってこそレポートは完成といえるでしょう。


表紙、目次などに関しても書き方を詳しく指定されてる場合がある時はそれに
従って作成すれば問題ないでしょう。

何にせよレポートの書き方として必要とされるのは自分の事ではなく、
それを読む相手の事を考えて作成していく事が大事だといえます。

スポンサードリンク

その他第一印象,目次,概要,指定,作成の情報

レポートとは一体どういうものなのでしょうか?
レポートとは簡単にいえばなにかの実態の調査や研究などを経て、
その実態をそのまま伝える、客観的な報告や感想などの文書の事をいいます。

レポートの種類にはどういうものがあるの?
レポートの種類と一口にいってもただ単純に感想を述べるだけのものもあれば、
数十枚などに渡ってまとめる必要のあるレポートもあり、多種にわたります。

ここではそのたくさんの種類のレポート、特に主に大学などで使われる
レポートの種類、またその書き方について調べてみました。

レポート作成時の注意点。より良いレポートを作成するには?
レポートの書き方として注意点をあげていくと、課題となるレポートによって
文字数、書き方など細かく違ってきます。

ここではレポートの書き方として基本的な事柄、精神的な部分での注意点を
中心にあげていきたいと思います。

レポートの書き方、良いレポートを書くにはどうしたらいいの?
レポートの書き方が分からない!という人は多いと思います。
慣れてしまえば意外とすいすいと作れるものですが、慣れるまではやはり
どうしても作るのに時間がかかってしまうものです。

ここではレポートの書き方を分かりやすく、かいつまんで説明します。

レポートについてのマナーについて、どういうのがマナー違反?
レポートの書き方にも色々ありますが、守るべきマナーはあります。

ここではレポートを作成するにあたってのマナーについて調べました。


レポートの表紙って?

レポートの表紙はどうしたらいいの?レポートの顔とも言える表紙について。

関連エントリー

レポートの表紙はどういう風に作れば良いの?