Top >  レポートについてのマナー >  レポートについてのマナーについて、どういうのがマナー違反?

レポートについてのマナーについて、どういうのがマナー違反?

レポートの書き方にも色々ありますが、守るべきマナーはあります。

ここではレポートを作成するにあたってのマナーについて調べました。



レポートのマナーという部分において一番問題になっているのは
やはり俗に言うパクリでしょう。

教科書や引用してきた資料から全部を丸写しするのは非常に簡単ですが、
それではレポートとして提出する意味が全くないからです。

パクリにも色々な種類があり、丸写しするようなものから、その中の
一部の言葉を同じような言葉に置き換えてレポートを作成する、
資料、文献などからの引用の場合も引用先を記載していないなど様々です。


もちろんこの中には色々な資料や文献などを調べて作成していくうちに
結果として似てくるような事もある為、一概に言えませんがレポートを
提出される側の中では大きな問題になっています。


アメリカのある大学ではレポートの丸写しが学校の中で大問題となり、
発覚した場合は退学という処分をとるなど処置もエスカレートしています。


全てのレポートがそういう訳ではないのは当たり前ですが、レポートとは
自分で試行錯誤を繰り返し、結論にたどり着く、それまでの過程をまとめて
自分の中で噛み砕いていく事で理解していく、それが目的です。


結果、過程を丸写しすれば正確かもしれませんがそれを繰り返していては
いざ自分で何かをしないといけない時に非常に難しくなるでしょう。

レポートの作成はそれに対しての予備練習であり、たとえつたなくとも、
自分で結論までたどりつく、そこをおろそかにしていては決して自分の為に
ならないといえるでしょう。

スポンサードリンク

その他丸写し,パクリ,資料,過程,結論の情報

レポートとは一体どういうものなのでしょうか?
レポートとは簡単にいえばなにかの実態の調査や研究などを経て、
その実態をそのまま伝える、客観的な報告や感想などの文書の事をいいます。

レポートの種類にはどういうものがあるの?
レポートの種類と一口にいってもただ単純に感想を述べるだけのものもあれば、
数十枚などに渡ってまとめる必要のあるレポートもあり、多種にわたります。

ここではそのたくさんの種類のレポート、特に主に大学などで使われる
レポートの種類、またその書き方について調べてみました。

レポート作成時の注意点。より良いレポートを作成するには?
レポートの書き方として注意点をあげていくと、課題となるレポートによって
文字数、書き方など細かく違ってきます。

ここではレポートの書き方として基本的な事柄、精神的な部分での注意点を
中心にあげていきたいと思います。

レポートの書き方、良いレポートを書くにはどうしたらいいの?
レポートの書き方が分からない!という人は多いと思います。
慣れてしまえば意外とすいすいと作れるものですが、慣れるまではやはり
どうしても作るのに時間がかかってしまうものです。

ここではレポートの書き方を分かりやすく、かいつまんで説明します。

レポートの表紙はどういう風に作れば良いの?
レポートの表紙は特に指定されない事もありますが、
表紙はレポートを提出する際に一番に目につく、いわばレポートの顔ともいえる
部分です。

ここではレポートの表紙の書き方について説明します。

レポートについてのコラムについて。豆知識を調べました
レポートの書き方に役立つのはどういったものがあるのか、考えてみました。


レポートについてのマナー

レポートについてのマナーってどういうものがあるの?守りたいマナーって?

関連エントリー

レポートについてのマナーについて、どういうのがマナー違反?